新茶の季節 大津は喫茶の起源の地

新茶の季節になりましたね。滋賀県産・露地ものの初市が5月6日に行われ、お店にも出まわりはじめています。


実は、大津は文献に残る喫茶発祥の地。815年4月(新暦5月中~下旬)、「滋賀里あたりで嵯峨天皇が茶のもてなしを受けた」と"日本後記”に記述されているものが、日本での喫茶記録第一号!


京阪坂本駅前には、最古の茶園を開いたという最澄ゆかりの「日吉茶園」もあり、大津はお茶とのかかわりの深い地域なのです。


日本茶のふるさと、大津のお茶やさんに新茶を求めに立ち寄って下さいね。
 ●中山製茶さん
 ●中川誠盛堂茶舗さん
 ●冨永園茶舗さん


ところで先日、中山製茶さんに珍しいお茶を2種いただいたのでご紹介いたします!どちらも洋風の平缶パッケージ。お茶とは思えない外観で、目を引きます。


一つ目は、高級煎茶「比叡の香」 。全国茶品評会で一等一席受賞者の北田卓也氏作のお茶だそうです。ポットから一度湯飲みに入れたお湯を急須にいれて、少しお湯を冷ましてから入れてみました。甘味を感じるおいしいお茶でした♪
ochakan01.jpg


ocha01.jpg


もう一つは、日本茶葉で作った紅茶、「Wa-tea」。茶葉の持つ酵素で自然発酵させて、紅茶に加工したものなんだそうです。渋さを感じないすっきりとした味でした。
ochakan02.jpg


ocha02.jpg


どんな味か気になる方は、こちらから是非どうぞ♪
 ●比叡の香
 ●Wa-Tea


めずらしい平缶(つつじ缶と呼ぶそう)入りなので、プレゼントにもいいですね。
今日は新茶をいただいたので、今から味わうのが楽しみです♪

 
大津e湖都ツイッター

アーカイブ


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.