2008年08月27日

旧琵琶湖ホテルの絵の作者

昨日、ある講演会のために琵琶湖ホテル”瑠璃の間”に行きました。何度も足を運んでいる場所です。


琵琶湖ホテル・瑠璃


入口横にかかっている旧琵琶湖ホテルの絵も、いつもの通り。


琵琶湖ホテル・瑠璃


描かれている旧琵琶湖ホテルは、昭和9年、滋賀県下初の国際観光ホテルとして建てられ、昭和天皇やヘレン・ケラー、ジョン・ウェイン、アベベ・ビキラ、三島由紀夫、川端康成、志賀直哉、石原裕次郎、美空ひばり・・など、多くの著名人が宿泊した建物でした。


講演会前に時間があったので、その絵の下のプレートを初めて注意して読んだのですが、作者が”加山雄三さん”だったことに、初めて気が付きました!


琵琶湖ホテル・瑠璃


もう知っている人も多いことだと思いますが、私のささやかな驚きでした♪


 

2008年08月26日

融神社で源氏舞奉納

大津市伊香立にある融神社(とおるじんじゃ)は、嵯峨天皇の息子、源融(みなもとのとおる)を祭った神社です。


源融は、小倉百人一首14番目 『みちのくの しのぶもじずり たれゆえに みだれそめにし われならなくに』の詠み人で、紫式部の書いた源氏物語の主人公・光源氏のモデルと言われています。


その融神社で、8月25日に源氏物語千年紀を記念した式典が開催され、大正琴の演奏や源氏物語54帖をテーマにした舞踊「源氏舞」が奉納されました。「源氏舞」とは、能に近い日本舞踊の一形式「地歌舞」の家元が、源氏物語54帖を研究し、1帖づつ振付を考案した創作舞踊です。


写真は、源氏舞「夕顔」のシーンです。舞を披露しているのは源氏舞創作者のお弟子さん、古澤侑毘さんです。

源氏舞・夕顔


源氏舞・夕顔


源氏物語4帖「夕顔」のあらすじ
光源氏が乳母を見舞った際に、夕顔の花をきっかけに隣家の女性と歌のやりとりをします。その後源氏は頻繁に夕顔の元に通うようになります。しかし、旧8月15日の夜、源氏と過ごす夕顔は、女の物の怪によって儚く死んでしまいます。源氏は、夕顔の四十九日の法要を比叡山延暦寺の西塔「法華堂」で執り行います。


「夕顔」の帖は、悲劇的な最後が印象に残るシーンとして、琵琶や筝の演奏も含めて、取り上げられることが多いように思いますね。


 

2008年08月20日

近江八景”粟津の晴嵐”の今

近江八景は、
 「瀬田(せた)の夕照(せきしょう)」
 「石山(いしやま)の秋月(しゅうげつ)」
 「粟津(あわづ)の晴嵐(せいらん)」
 「三井(みい)の晩鐘(ばんしょう)」
 「唐崎(からさき)の夜雨(やう)」
 「比良(ひら)の暮雪(ぼせつ)」
 「堅田(かたた)の落雁(らくがん)」
 「矢橋(やばせ)の帰帆(きはん)」
の琵琶湖の南湖の景勝をいい、安藤広重の浮世絵『近江八最』によって、全国的に有名になりました。


現在は、周りの環境がずいぶん変わりましたが、面影を偲ぶことができます。


写真は「粟津の晴嵐」の今の景色です。
近江八景 粟津の晴嵐


江戸のころには、東海道を歩く旅人に木陰を提供していた立派な松並木だったそうですが、今は数本残っている程度になりました。


隣にあるNECセミコンダクターズ関西さんの敷地内には、”粟津の晴嵐”の景色を守ろうと植樹された小さめの松が並んでいます。
seiran02.jpg


また、立派な松並木に成長するのが楽しみです♪


ちなみに、昔の近江八景(びわ湖大津観光協会のサイト)はこんな感じだったようです。


 

メルマガバックナンバー【vol.141】2008.8.20

◎大津では見慣れた光景、実は日本でここだけ。4両編成の路面電車♪
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
→ http://blog.e510.jp/2008/08/4.html


★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
+    e┃湖┃都┃通┃信┃ http://www.e510.jp/
++   ━┛━┛━┛━┛━┛
+++      おかげさまで6周年!「大津e湖都市場」
++++
+++++          iikoto tsuushin【vol.141】2008.8.20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:

 こんにちは!e湖都通信です。

 いつもe湖都通信をご購読いただきありがとうございます。

 8月も後半になりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね~。

 今年は北京オリンピックのために、毎日テレビから離れられない日々を
 お過ごしではないでしょうか?

 実は私も、サッカーの時はテレビに釘付けです!

 でも「たまには外出もいいかな♪」と思える、大津のお楽しみイベントを
 メルマガでご紹介致しま~す!


………………………………………………………………………………………
 ▼INDEX 目次
………………………………………………………………………………………
 【1】大津e湖都市場ショップイベント&お得情報♪
 【2】◎おおつ豆辞典◎vol.34 3つの顔を持つ「京阪電車・京津線」
 【3】まだまだイベント盛り沢山! 家族で楽しむスポット特集!
 【4】エアコンいらず、環境にも優しい大津の涼スポット!
 【5】メルマガご購読者限定☆6月の愛読者プレゼント
………………………………………………………………………………………

続きを読む "メルマガバックナンバー【vol.141】2008.8.20" »


 

2008年08月13日

大津では見慣れた光景、4両編成の路面電車

浜大津駅から、京都に向かう京阪電車京津線。4両編成の路面電車が、車に交じって道を走る光景は、大津では見慣れたもの。


それが、8月6日にたまたま見ていたテレビ朝日の「ナニコレ珍百景」電車部門で、ノミネート3作品のひとつになっていることに驚きました!


テレビ朝日「ナニコレ珍百景」
http://www.tv-asahi.co.jp/nanikore/


他にも、京阪電車京津線は、日本で唯一『地下鉄』『登山電車』『路面電車』という、3つの顔を持っています。


浜大津駅~上栄町駅間では、市街地を、昔ながらの路面電車として、沢山の車と並んで運行しています。
京阪電車京津線・浜大津駅付近


上栄町駅~大谷駅間は「関は 逢坂、須磨の関、鈴鹿の関」といわれるほど、急な坂道とカーブが続く難関”逢坂山”を越えて行きます。


逢坂の関あたりのカーブは、こんな感じです。
逢坂の関あたりのカーブ


この区間は、京津線の醍醐味を一番味わえるポイントであり、逢坂山の急な坂道とカーブをスリリングに走り抜ける姿は、多くの鉄道ファンを魅了してやまないのだそうです♪

逢坂山付近には日本第三位(61‰)の急勾配区間があり、そこを駆け抜けるのですから、電車の鉄人とも言えるパワーですね!


逢坂山を抜け、国道一号線沿いを走り、山科からはいよいよ地下鉄へと変わり、京都市営地下鉄線へ乗り入れて三条方面へと運行します。


これだけ短い沿線で路面・登山電車・地下鉄と沢山の要素を一気に味わえるのは、全国でも京津線だけです。


沿線には歴史的な名所など、見どころも沢山あり、様々な景色を車窓から見せてくれる京津線。


大津市民には当たり前過ぎて、見過ごしていた見どころを、もう一度意識して乗車してみるもの面白いですね。


 

2008年08月08日

これからびわ湖大花火大会

今日、19:30から大津港沖で「2008びわ湖大花火大会」が開催されます。すでに会場界隈は、大勢の人が集まっています。


びわ湖大花火大会直前


びわ湖大花火大会直前


空は曇っているけど、雨は大丈夫そうです♪約1万発の花火が、1時間たっぷり楽しめる花火大会。沢山の人がいるので、事故に気をつけて、楽しんで下さ~い!


 

2008年08月06日

大津港沖の不思議な台船

さっき事務所の窓からみてみると、大津港沖に大きな台船が設置されており、何だろうなと思っていたら・・。

なんとここから花火が打ち上げられているという事を聞き、びっくり!大津にきて22年、毎年8月8日に開催されるびわ湖大花火大会の花火が、こんな台船から打ち上げられていることを今日初めて知りました!(私はずっと地上から打ち上げられていると思っていたので・・・)

遠くから見ていても大きそうな台船、ここから1万発の花火が打ち上げられる事を想像するとわくわくしますね♪

今年は、25周年の記念大会なので、日本の名工と呼ばれる花火職人が精魂込めて作り上げた、10号特別芸術花火玉が25発連続して打ち上がります(20:03頃の予定)。また、『源氏物語千年紀』を記念して、紫式部が旅したいにしえの湖上で十二単をイメージした花火が打ちあがるそうです(19:47頃の予定)。見どころたっぷりの花火を楽しんでください!

→ 花火の詳細はこちら

びわ湖大花火大会
 

メルマガバックナンバー【vol.140】2008.8.6

◎ エアコンを使わず環境にも優しい~大津の涼スポット特集紹介♪
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
→ http://www.e510.jp/


★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
+  e┃湖┃都┃通┃信┃ http://www.e510.jp/
++ ━┛━┛━┛━┛━┛   
+++ おかげさまで6周年!「大津e湖都市場」
++++ 
+++++   iikoto tsuushin【vol.136】2008.6.4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:

 
 こんにちは!e湖都通信です。

 いつもe湖都通信をご購読いただきありがとうございます。

 8月に入りましたね、今年は梅雨明けが早く、毎日厳しい日差しで
 暑い日々が続いてますね!皆さん体調に十分気を付けて下さいね!

 そんな暑い日々の中、大津の涼を感じれるスポットなどをご紹介!
 色々なお得な情報を暑さに負けずお送り致します★~

………………………………………………………………………………………
 ▼INDEX 目次
………………………………………………………………………………………
【1】大津e湖都市場ショップイベント&お得情報♪
【2】◎おおつ豆辞典◎vol.33「琵琶湖のもう一つの日本一!」
【3】大津の涼スポット特集!!
【4】大津e湖都市場 ”大津の匠シリーズスタート”【新連載】
【5】メルマガご購読者限定☆6月の愛読者プレゼント
………………………………………………………………………………………

続きを読む "メルマガバックナンバー【vol.140】2008.8.6" »


 

滋賀の隠れた人気ツアー

琵琶湖ホテルのオリジナルツアー「もう一歩その奥へ。~滋賀の素顔にふれる旅」は、実は滋賀県の隠れた人気ツアーで、コースの数はすでに176コース、これまでの参加者はのべ5,000人にもなるそうです!


滋賀の観光スポットを猛勉強した琵琶湖ホテルフロントスタッフが、見どころをしっかりと案内してくれるそうです。滋賀を知っている地元のホテルだからこそ、伝えられる魅力があって、そこが人気の秘密なんでしょうね。


貸切バスを利用、スケジュールもゆったりと組まれているので、年配の方にも人気だそうです。琵琶湖ホテルに宿泊していなくてもツアーだけで参加できますし、一人での参加もOK。気軽に参加できそうです♪


2008年秋の最新コースのパンフレットをご紹介しますので、興味のある方は琵琶湖ホテルさんに詳細をお問い合わせくださいね。


(クリックで拡大します)
琵琶湖ホテル滋賀ツアーパンフ表


琵琶湖ホテル滋賀ツアーパンフ裏


そして、以下の3コースは、「琵琶湖ホテル宿泊者限定オリジナルツアー」。大津の秋の魅力を満喫できるコースだと思います!こちらもオススメです♪


■紫式部も眺めた月を愛でる 石山寺秋月祭プラン
9月13日(土)~15日(月・祝)
ホテル発午後7:00 ホテル着午後9:30
往復バス・石山寺拝観料込 お一人様 1,000円


■大津祭鑑賞プラン
本祭り10月12日(日)
午前9:00~午後5:30 ホテルより徒歩1分
鑑賞席代 お一人様 2,000円


■日吉大社紅葉ライトアップ
11月16日(日)~12月6日(土) ※11月23、24、29、30日は運休
ホテル発午後7:30 ホテル着午後9:20
往復バス代 お一人様 500円


お問い合わせは、琵琶湖ホテル 077-524-1255(宿泊予約)までどうぞ♪
琵琶湖ホテルホームページはこちら


 

お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.