文化勲章受賞・田辺聖子氏の源氏物語に触れる

平成20年度の文化勲章を小説家・田辺聖子さんが受賞されましたね。おめでとうございます!


田辺聖子さんは、昭和39年芥川賞受賞の『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)』、平成5年吉川英治文学賞受賞の『ひねくれ一茶』など、沢山の作品を執筆されていますが、源氏物語に関する著書もバラエティー豊かで、なかでも「注釈書なしに源氏を読める楽しみを読者と共有したい」と現代語訳に独自のアレンジが加えられた『新源氏物語』は、300万部を超えるベストセラー作品となっています。


その田辺聖子氏の源氏物語の世界を味わうことができる「田辺聖子 源氏物語文学館」が、源氏物語千年紀in湖都大津のメインイベント、石山寺の「源氏夢回廊」で、12月14日まで開催されています。


田辺聖子 源氏物語文学館


田辺聖子さんの直筆原稿や源氏物語54帖の現代語訳抜粋はもちろん、挿絵師・岡田嘉夫氏の現代版源氏物語絵巻の大パネル、そして平安王朝のきらびやかさが感じられる十二単や束帯などをご覧いただくことができます。


田辺聖子 源氏物語文学館
田辺聖子 源氏物語文学館


先日は、田辺さんご自身も会場へご来館され、展示をご覧いただく機会がありました。


田辺聖子 源氏物語文学館


源氏物語千年紀の今年、田辺聖子さんの作品をとおして、多くの人に紫式部・源氏物語の世界を体感していただけると嬉しいですね。

 
大津e湖都ツイッター

アーカイブ


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.