琵琶湖に新船”megumi"(めぐみ)登場!

約20年振りに琵琶湖に新しい船が登場!琵琶湖汽船さんの”megumi"(めぐみ)です。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


”megumi”は、長さが約34m・幅は8mの中型クルーズ船。1階は開放的な雰囲気のガラス張りの室内、そして後部にはイベントスペースとして活用できるデッキスペースがあります。2階はオープンデッキで琵琶湖の風景をタップリを味わえます。今日はその竣工披露式が開催されたので、会場にお邪魔してきました。


まずは、テープカットセレモニーです。真ん中の女の子は、大津市の保育園に通う、船と同じ名前の仙頭恵(せんとう・めぐみ)ちゃん。1月16日の進水式でも船と陸を結ぶ支綱(しこう)を切断するという大役を果たした女の子だそうです。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


テープカットの後、真新しい船に皆さん乗船されました。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


続いて1階後部のデッキイベントスペースで出港式が行われました。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


めぐみちゃんによるドラの合図で、参加者によるバルーンリリースです。(環境にやさしい素材の風船です!)


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


その後、1階船内で、式典が行われました。着席されているのは80名ほど。だいたいの広さが想像できるでしょうか?


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


1階船内は開放的なガラス張りで、しかも床の高さと水面がとても近いため、琵琶湖にとても近づいた感覚になれます。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


2階から1階後部のイベントスペースを見降ろしたところです。階段状になっているため、大勢の方が同時にイベントを楽しんでもらえそうです。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


2階オープンデッキです。琵琶湖の眺めは抜群!


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


megumiは環境にとても配慮された船で、バイオ燃料を利用できるエンジンを積み、素人の私にはよく分からないのですが、日本初のトリマラン(三胴)型の船体で流体力学を活用して高速化・低燃費化が実現できているのだそうです。そのためなのか、船の後ろの波立ちもほとんどなかったですね。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


2階デッキの両側にはソーラー発電ユニットを積んでいました。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


2階デッキ後ろには風力発電のプロペラが2つありました。


琵琶湖クルーズ船・めぐみ


この船だと大津港から長浜港までの琵琶湖縦断が、たった1時間30分。海津桜見・船上ウェディング・船上パーティー・環境体験学習・修学旅行・遠足・イベントなどで貸切ることができるそうです。琵琶湖の19か所に寄港することができるので、バリエーション豊かなクルージングコースが計画できそうですね。


ご利用検討の方は、琵琶湖汽船さんへお問い合わせくださいませ♪


 → 琵琶湖汽船さんのHP

 
大津e湖都ツイッター


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.