「急がばまわれ」の語源 小舟入の常夜灯

ことわざ「急がばまわれ」は、実は琵琶湖で出来た言葉。


室町時代の連歌師宗長が「もののふの 矢橋の船は速けれど 急がば回れ 瀬田の長橋」と詠んだのが起こりだそうです。


東海道の草津宿から大津宿を抜けて京都へ向かうのに、


 草津の矢橋から大津の石場まで琵琶湖を横断する船のルート
 約6kmと短いが、比叡山から吹き下ろす突風で舟が転覆するなど危険なコース


を行くよりも


 瀬田の唐橋を経由して琵琶湖をぐるっとまわっていく陸路
 約12kmと長いけれど、安全なコース


を行く方が確実だ、という意味です。

さて写真は、語源となった【草津-大津間】の渡し船の目印とされていた「小舟入の常夜灯」(1808年の建立、高さ8.4m、大津市指定文化財)です。


jyouyatou02.jpg


現在は、湖岸が埋め立てられていることもあって、琵琶湖からは離れた場所(中央四丁目の大津税務署付近)にあります。石面には「京都世話人」38名の名前が刻まれ、京都で伊勢神宮を信仰をするグループがお伊勢参りをする拠点として建立されたのだそうです。


この辺りは湖上交通の拠点として、水茶屋が軒を連ねるなど賑わっていた場所だったそうで、石面には大津の世話人として「船方中、小舟入茶屋中伊勢屋甚兵衛・船屋平八」とも刻まれています。


jyouyatou03.jpg


今は、住宅街の中に埋もれるように建っていますが、周辺だけ突然道幅が広くなっているところなどは、昔の船着場のなごりなのかもしれません。

 
大津e湖都ツイッター


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.