秋の三井寺へ♪

今週の日曜日、三井寺を散策しに行ってきました。


m-1.jpg


紅葉はまだまだですが、静かな雰囲気の境内で散策をじっくりと楽しむことができました。


m-5.jpg


こちらは、近江八景の「三井の晩鐘」、やはり生で聞く鐘の音は凄く迫力がありますね♪ツアーで来られている観光客の方も鐘の音を楽しまれていました。


m-2.jpg


次に見たのが有名な『弁慶の引き摺り鐘』!


三井寺初代の梵鐘で、奈良時代に作られてたのではと言われています。


むかし、承平年間(十世紀前半)に田原藤太秀郷が三上山のムカデ退治のお礼に琵琶湖の龍神より頂いた鐘を三井寺に寄進したと言われています。


その後、山門との争いであの有名な弁慶が鐘を奪い、比叡山へ引き摺り上げて撞いてみると ”イノー・イノー”(関西弁で帰りたい)と響いたので、弁慶は「そんなに三井寺に帰りたいのか!」と怒って鐘を谷底へ投げ捨ててしまったそうです。鐘にはその時のものと思われる傷痕や破目などが残っています。


m-3.jpg


弁慶はこんなでかい鐘を1人で運んだみたいで、、どんな怪力の持ち主だったんでしょうね!!


m-4.jpg


三井寺には孔雀もいるんですね!本当に綺麗なブルー色でした。小さなお子様が一緒だときっと喜ぶんのではないのでしょうか!(ちなみに私は、子供のように孔雀を見てはしゃいでおりました笑)


三井寺はかなり広い敷地ですので、ゆっくりと散策をしながら歴史や文化財などを心ゆくまで楽しむことができるのでオススメです!これからの紅葉シーズンも本当楽しみですね。


私は今回、大津市が発行している、広報大津の1日号に付いている『文化財家族参観券』を利用しました。


毎月第3日曜日の「家族ふれあいサンデー」に家族で、市内の社寺一か所を無料で見学できるので、要チェックですよ♪

 
大津e湖都ツイッター

アーカイブ


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.