大津祭・宵宮

10月9日(土)は大津祭の宵宮でしたね。夕方まで激しい雨が降り続いていたので、曳山の準備がとても大変だったそうです。宵宮が始まってすぐの頃には雨が上がり、提灯が少なめ&曳山はビニールシートに覆われる状態で少し残念でしたが、町中にお囃子が響きました。



今年は初めて、お囃子が演奏されている町家の2階へ上がらせてもらいました。間近で見る演奏風景は迫力があって、演奏している人たちの熱気が伝わってきました。見ているこちらまで興奮してくるほどです!この雰囲気はお祭りならではだと思いますね。


yoimiya02.jpg



大津祭のキャラクター”ちま吉”も大人気でした♪曳山で演奏していた人も思わず、写メを取るほど(^^;
yoimiya04.jpg



ちま吉に誘われて、路上までお囃子演奏が移動して、大盛り上がりしていました!


宵宮では、各曳山の”からくり”や”見送り幕”など、美術館商品としても見応えのあるものが間近で見られるのもいいですね。


こちらは、月宮殿山のからくりです。月宮殿とは能楽の「鶴亀(喜多流では月宮殿)」に由来する名前で、玄宗皇帝の前で鶴・亀の冠をつけた男女が皇帝の謡いに合わせて舞を舞う様をからくりで演じます。
yoimiya05.jpg


見送り幕は、16世紀ベルギー製のゴブラン織りで、国指定重要文化財となっています。が、実物は大津市歴史博物館に保存され、祭りで実際に使用されるのは平成11年にベルギーで精巧に作られたレプリカ品です。
yoimiya01.jpg


宵宮は雨がとても心配でしたが、何とか天気も持ち直して本当に良かったです!続編で本祭の記事もアップする予定ですので、お楽しみに♪


 → 大津祭・本祭(その1)
 → 大津祭・本祭(その2)

 
大津e湖都ツイッター

アーカイブ


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.