寺田屋女将「お登勢」生家の記録 大津で発見 !!

2月26日(火)の日本経済新聞にて
興味深い記事を発見したのでご紹介します♪


江戸時代末期の志士、坂本竜馬が襲撃された“寺田屋事件”
この“寺田屋事件”の舞台として知られる、
京都・伏見の宿「寺田屋」の女将で、
竜馬ら幕末の志士を支援した「お登勢」の生家を記録した文書が大津市で見つかったそうです!


お登勢は現在の大津市中央1に当たる、
丸屋町の宿「升屋」を経営した重助の次女。
当時18歳で、きょうだい4人がいたことも分かったそうです。

丸屋町といえば、 「大津100円商店街」が行われている
「丸屋町商店街」などがあるあたりで、
かつて東海道五十三次中最大の宿場と言われた所ですね♪


 ⇒詳細な記事はこちらをご覧ください♪


大津市出身の歴史的人物が新たに居たことに
驚きと嬉しさでいっぱいになるお話ですね( *´艸`)


P1060251.jpg
写真は、「大津100円商店街」開催中の丸屋町商店街です♪

 
大津e湖都ツイッター

アーカイブ


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.