歴まち大津の未来を考える

耳をすませて聴いた鐘の音、鳥の声、生きているまちの音――
 「三井寺の鐘はどこまで聞こえる?」を合い言葉に、6月1日から7日にかけて
 地元の方の協力を得て実施した音聞きまちなか調査の報告などが行われます。

tumblr_inline_n86b0l4LGO1sih3dk.png

【日時】2014年8月2日(土)9:00-11:00
【会場】三井寺事務所2Fホール
※車で来場の方は三井寺の有料駐車場をご利用下さい。
【定員】100名(事前申込制)
【参加費】無料(三井寺「総門」受付で「フォーラム参加」とお伝え下さい)
【プログラム】
◎「三井寺の鐘はどこまで聞こえる?」および関連調査の発表
京都工芸繊維大学大学院生+歴まち大津の未来を考える会
調査協力:大津市立長等小学校のみなさん、地域にお住まいのみなさん
◎ お話:歴まち大津を考える目「まちを活かす分か資源」
中川理(京都工芸繊維大学教授・歴まち大津の未来を考える会会員)

【申込方法】 (締切:2014年7月31日)
参加ご希望の方は、住所・氏名・連絡先をご記入の上、
メールかFAXで、歴まち大津の未来を考える会までお申し込み下さい。
info@rekimachiotsu.jp FAX : 077-522-2926

その他詳細は 歴まち大津の未来を考える会ホームページ 
主催:歴まち大津の未来を考える会
協力:京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 建築学専攻
後援:大津市・三井寺
 
大津e湖都ツイッター

アーカイブ


お問合せ | 利用上の注意 | よくある質問 | ユーザー情報サービス |
プライバシーポリシー | 出店規約 | 出店案内
大津e湖都市場はSSLによる情報の暗号化に対応しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。
大津e湖市場は大津商工会議所が運営する地域情報サイトです。
(c)e510ichiba 2001-2007 All right reserved.